肌のターンオーバーの乱れはなぜ起こるのか?

肌のターンオーバーの乱れはなぜ起こるのか? 注目加齢、乾燥、睡眠不足etc...


メラニンが肌に沈着してしまったままそこに居座ってしまう原因の1つが肌の代謝機能の低下です。 古い細胞が新しい細胞と入れ替わらなければメラニンも排出されません。


加齢によって肌の代謝機能は低下するといわれていますが、特にシミ部分の肌の代謝は明らかに異常があるといわれています。 紫外線ダメージによって細胞に何らかの障害が起きている可能性も否定できません。


肌の代謝機能が低下してしまうのは、そうした加齢や紫外線の影響ばかりでなく、ストレス、乾燥、睡眠不足、血行不良などいろいろとあります。


何も肌への負担が大きい美白化粧品を使わなくても、よく寝るようにしたり、保湿を頑張ることで肌の代謝機能を高めればそれだけでもシミや色素沈着が小さくなったり、薄くなるということはよくあるんですね。


特に睡眠不足と肌の乾燥というのは肌色、肌のキメ、透明感にも影響を与えますから特に意識して気を付けるようにしたほうがいいです。 美白化粧品を使うにしても美白成分でメラニンを抑えつけることのみに焦点をあわせたものを選ぶよりもしっかり保湿もできるものを選んだほうがいいでしょう。


自分の肌のターンオーバーが正常に行われているかどうかを調べる方法ですが、デパートの化粧品売り場にある肌診断機で診てもらうのもいいですし、 iphoneに取り付けられる肌診断用のカメラでも確認できるので、そういうアイテムを利用してみるのもいいと思います。

肌のターンオーバーを促進する方法

肌のターンオーバーを促進する方法 メラニンが滞留して排出できないという場合、そのほとんどはターンオーバーが遅れていることが原因なんですが、 じゃ何が何でも早めればいいのか?といえばそんなことはありません。


というのもやみくもにホームピーリングをしたところで効果が薄いどころか角質層を削ることで肌トラブルの原因になる可能性があるからです。


具体的にはターンオーバーを早めることで新しい細胞が未成熟なまま肌表面にでてきてしまうので、外部刺激に対するバリア力が弱くなったり「乾燥」するようになります。


そのため、肌の状態をチェックしながら角質ケアをやるかやらないか判断しないといけないわけですが、素人にはそれが難しいわけです。 少なくとも肌のキメの状態をみて、きちんとターンオーバーが行われているかどうか判断できないうちは自己流ピーリングは控えたほうがいいと思います。


肌診断機で肌状態をみれば、キメが「粗い」とか、ひどい場合は「ない」ということもあると思います。ただ、こうして感覚ではなく目に見える形で肌状態が確認できれば、 普段のスキンケアや生活習慣を見直すモチベーションになると思いますよ。


・睡眠時間を確保する。(※できれば同じ時間に寝て、同じ時間に起きる)
・ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCを摂取する
・紫外線、活性酸素、酸化された皮脂から肌を守る
・保湿をしっかり行う


まずは肌に負担をかけないやり方でターンオーバーを促してみるというのが一番です。


排出美白との併用が効果的です。 色素沈着に使うクリーム<Best3>
Copyright © 2014 解消!色素沈着に使うクリーム【顔用】<Best3>· All Rights Reserved·