メラニンは細胞の核を守る必要不可欠な存在

メラニンは細胞の核を守る必要不可欠な存在 注目遺伝子を守る日傘になる「メラニン」


肌が紫外線や炎症、摩擦といった刺激を受けると表皮の基底層にあるメラノサイトがメラニン色素を生成します。 これは表皮細胞の核を守るための大切な防御機能です。


表皮細胞の核には遺伝子が内包されているんですが、遺伝子(DNA)は紫外線を浴びると傷がついてしまいます。 遺伝子が損傷を受けるとその細胞は本来の働きができなくなり、最終的にはガン化してしまいます。


これを防ぐために紫外線(&その他刺激)から遺伝子を守るための日傘の役割を果たしてくれているのがメラニン色素だというわけです。


日焼けした後というのはすぐに肌が黒くなるわけではなく、肌表面が赤くなり、それから徐々に黒くなっていきます。 これは刺激や摩擦を受けてから実際にメラニンが生成されるまでには3日ぐらいかかるからです。


日に焼けても肌が黒くなる人と赤くなるだけの人がいますが、すぐ黒くなる人はそれだけ紫外線に対する防御力が強いといえます。 逆に黒くならずに赤くなる人は肌の防御作用が弱いといえるので紫外線ダメージを受けやすいです。


皮膚中のメラニン量が多い黒人と少ない白人を比べると、加齢による見た目の老化の進行の早さ、皮膚ガンの発症率というのは圧倒的に白人のほうが上です。 日本人でも色黒、色白といった肌色の違いがあると思いますが、これはそのまま紫外線に対する防御力の違いだと思ってください。

色素沈着は過剰なメラニンと排出されないメラニンが原因

色素沈着は過剰なメラニンと排出されないメラニンが原因 通常、メラニン色素は表皮細胞へ受け渡された後、ターンオーバーによって最終的には肌の外へ排出されますから跡は残りません。


しかし、紫外線や慢性的な摩擦や炎症によって過剰にメラニンが作られてしまうとターンオーバーでは排出しきれずに一部分に過剰沈着します。 これがようするにシミや色素沈着の正体です。


また、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどで肌のターンオーバーが乱れると古い細胞がそのまま居座ってしまう状態になるので メラニンも排出されずにそのまま滞留してしまうことになります。


「メラニンの過剰と滞留」がシミや色素沈着の原因だということです。


過剰なメラニン生成を防ぐためには日焼け止めが不可欠です。さらにメラニン生成を抑制する美白成分をスキンケアに取りいれることも有効でしょう。 メラニンの滞留を防ぐには、規則正しい生活習慣と正しい保湿、角質ケアも加えればまず問題ないと思います。


メラニン自体は肌を守る重要な存在なので、メラニンそのものを悪者扱いするというのは間違っています。 問題とすべきは、生成されたメラニンが滞留するようになってきていた代謝機能の低下や肌の老化です。


肌の老化を促進させたり、機能低下の原因になるものは何も紫外線だけでなく、活性酸素、慢性的な炎症、血行不良、ホルモンバランスの乱れ等いろいろあります。 スキンケアのやり方はもちろん毎日の食事や睡眠など生活習慣全般を見直して包括的なエイジングケアというのが必要になってくるということです。


メラニンケアに使いたいのは? 色素沈着に使うクリーム<Best3>
Copyright © 2014 解消!色素沈着に使うクリーム【顔用】<Best3>· All Rights Reserved·