色素沈着は美白クリームを使ったほうが早く治る理由

色素沈着は美白クリームを使ったほうが早く治る理由 注目「角質ケア×美白成分」のWケアが効果的ですが...


色素沈着というのはメラノサイトが肌を保護するために生成するメラニンが表皮に沈着してしまっている状態をいいます。 そのため表皮に沈着しているメラニンを取り除こうとおもったら、、


 肌の代謝を促進して排出する
 メラニンを還元する美白成分を使って消してしまう


という2つのアプローチを行えば、色素沈着は薄くなっていくはずです。ただ、実際はなかなか消えないですよね? それこそ肌が新陳代謝で入れ替わるのを待つということになるとかなりの時間がかかるはずです。


そのため少しでも早く色素沈着を薄く、小さくしようと思ったらメラニンを還元する作用のある美白成分を使って、 沈着しているメラニンに直接働きかけないといけません。そう漂白型の美白成分「ハイドロキノン」の出番です。


漂白型の美白成分であるハイドロキノンを配合したクリームを使ってケアすれば、色素沈着が治るまでの時間が大幅に短縮できます。 それこそニキビ跡や虫さされ、引っ掻き傷の後の黒ずみといった炎症性の色素沈着であればその効果は抜群です。試してみる価値はあると思いますよ。


浸透型ハイドロキノン配合といえば、、 詳細はコチラ

顔の色素沈着に使いたいハイドロキノン配合のクリーム<Best3>

商品名 価格・送料 商品の特徴
b.glen

1,944円

注目確実にメラニンに届ける浸透技術が魅力!
独自の浸透テクノロジー「QuSome」によってハイドロキノンを安定化させ、なおかつ浸透力を高めることに成功。 表皮に沈着したメラニンに確実に届いて作用してくれるため実感力が違います。
お試しセットは365日返金保証付き。刺激が少ない点もうれしい。 美白
プラスナノHQ

3,240円
注目限界ギリギリの4%のハイドロキノンを配合
日本で配合できるハイドロキノンの濃度の限界値である4%を配合したハイドロキノンクリームです。7割の人が満足、3割の人が不満足という結果から わかるようにちょっと刺激が強い面は否めません。
朝にも使うという珍しいタイプです。 プラスナノHQ
濃厚本舗
オープン価格
注目気軽にハイドロキノンを試すならこれ!
純ハイドロキノンを2%配合したスポッツケア用のハイドロキノンクリーム。プチプラといっていい価格の安さが魅力で 刺激も少ないようですが、効果については個人差があるようです。
ニオイがひどいのでそこは注意する必要あり! 詳細はコチラ!
色素沈着に使いたい美白クリームのイチオシはこれ!
b.glenのQuSomeホワイトクリーム1.9

要チェックハイドロキノンの3つの弱点を克服!


カネボウの白斑問題以降、美白コスメの安全性については多くの人が気にするようになったと思います。 シミや色素沈着は嫌だけど、美白コスメによる肌トラブルも心配だという人も多いでしょう。


基本的に化粧品の有効成分というのは高濃度配合するほど効果は高まりますが、肌への負担も大きくなります。 ハイドロキノンも当然、高濃度であるほど赤みやかぶれ、皮ムケといった肌トラブルが起きやすくなります。


「低濃度であっても高濃度と同じか、それ以上の美白効果を発揮できたら...」 そんな話をすれば普通なら一笑されてしまうわけですが、それを実現してしまったハイドロキノンクリームが実はあるんです。


それが、1位で紹介しているb.glenの「QuSomeホワイトクリーム1.9」。


含有されているハイドロキノンの濃度は名前のとおり1.9%しかありません。しかし、独自の浸透テクノロジーQuSome®で浸透力を極限まで高めることで低濃度でも高い効果を発揮できるようにしたんですね。


「劣化しやすい・浸透しにくい・刺激が強い」というハイドロキノンの3つの弱点を克服し、 肌への刺激が強いハイドロキノンを肌質問わずに安心して使えるようにしてくれたのがb.gleの特徴であり、最大の魅力でもあります。


色素沈着で困っているならb.glenの「QuSomeホワイトクリーム1.9」を試してみる価値はあると思いますよ。


365日保障付き!お試しセットの中身はコチラ この4点セットです。

スキンケア(=ハイドロキノン)ではどうにもならない色素沈着もあります。

スキンケア(=ハイドロキノン)ではどうにもならない色素沈着もあります。 ハイドロキノンを使えば色素沈着はすべて取り除けるかといえばそんなことはありません。色素沈着の種類によって得意不得意があるからです。


◎ 炎症性色素沈着(ニキビ跡、虫さされ、引っ掻き傷など)
〇 色の薄いできかけの紫外線シミ
〇 肝斑
△ ソバカス
△ 濃くなった紫外線シミ
× 盛り上がったシミ


表皮に沈着しているメラニンであればハイドロキノンを使えばかなりの確率できれいになりますが、真皮にメラニンが沈着してしまっているもの(痣など)、 表面がザラザラとしていたり、盛り上がっているなど皮膚組織が変性してしまっている色素沈着は無理です。


それからハイドロキノンがよく効くタイプの色素沈着(=シミ)であっても時間が経てば経つほど、 肌に根付いて消えにくくなるので可能な限り早く発見して、すぐに対策する必要があるということも覚えておいてください。


ちなみにハイドロキノンの効果ですが、1か所につき3ヶ月間継続使用して見極めてください。3ヶ月間使って何1つ効果が実感できないようであれば、 ハイドロキノンが効かないタイプの色素沈着か、そのハイドロキノンクリームがあなたの肌には合わなかったということになります。


QuSome化したハイドロキノンの特徴は? シミを薄くする4ステップ。
Copyright © 2014 解消!色素沈着に使うクリーム【顔用】<Best3>· All Rights Reserved·